抜け毛の症状には様々なタイプがある。きちんと見分けることが必要

髪の毛は生え変わりのサイクルがある

抜け毛の症状は、誰にでもあることで必ずしも問題となるわけではありません。
一種の生理現象の一つであり、髪が抜け落ちることは当たり前なのです。髪の毛の生え変わりサイクルは、成長期、退行期、休止期の三つに分けられます。成長期はおよそ4年から6年、退行期は3週間、休止期は3ヶ月から6ヶ月ほどの期間が一般的となっています。
最後の休止期が終わると、髪の毛の生え変わりが起こります。その際に抜け毛が発生するのです。

髪の毛が抜けやすい時期とは

人は、一日に何十本もの抜け毛が発生していると言われています。特にお風呂で頭を洗っているときや、タオルで髪を拭いているとき、ドライヤーをしているとき、くしでとかしているときなどが多いです。
抜け毛の量は、一人当たりおよそ50本から60本ほども抜けているとされています。そのほか抜け毛が発生しやすくなるのは、季節も大きく関係しています。
抜け毛が発生しやすい季節は、主に初夏から秋にかけてが最も多くなります。その時期に抜け毛の量が増えてしまっても、特に問題はありませんのであまり気に病む必要はないです。問題のある抜け毛の症状と区別するためには、このような髪の毛が抜けやすい時期というのをきちんと把握しておくといいでしょう。
とうきのしずく 口コミでよくエイジングケア効果があると人気ですが、髪も一緒にエイジングケアできるという噂もあります。

正常ではない抜け毛の症状

抜け毛が発生するのは、誰しもが経験する自然なことです。しかし、中には何らかの異常が原因で抜け毛を発症してしまうケースもあるのです。
自然現象と異常な症状とを見分けるためのポイントは、ヘアサイクルにあります。ヘアサイクルは、髪の毛が古いものから新しいものに生まれ変わる働きのことです。ヘアサイクルによって、抜け毛が起こる時期は決められているのが普通です。そのため髪が抜け落ちる時期でもないのに、抜け毛が発生してしまった場合は問題があると判断したほうがいいでしょう。
また、異常を見極めるためには、髪の毛の根元部分を見てみるといいです。普通の髪の毛は、根元部分に膨らみが見られることが多いです。
しかし、異常な場合には根元が細くなっていたり、白い物がついていたりといった普通とは異なる形状が見られます。このような抜け毛が発生したときは、普通の症状とは違いますので、病院などで一度検査を受けてみることをオススメします。
また、そのほかにも症状を見極めるポイントはあります。頭皮にフケが出ていないか、きちんと洗っているにも関わらずベタベタしていないか、髪の毛の質が柔らかくなっていないかなどといったことです。自然に起こる抜け毛とは別に、このような異常な症状も見受けられますので、選別の仕方をきちんと把握しておくといいでしょう。
もし抜け毛が気になる場合はハルシャンプーなどのアミノ酸系シャンプーが、頭皮に優しいのでおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ